税務調査対応おすすめ税理士紹介します|国税の調査の確率

MENU

税務調査に強い税理士を紹介します

税務調査対応

法人であっても個人事業主であっても、等しく訪れる可能性があるのが税務調査です。

 

特に規模の大きい企業や、新規に営業を始めて3年程度経過している事業所に関しては、経理の内容の確認指導のために税務署職員が訪れることが多いです。

 

仮に調査で指摘される不備が多かった場合などは、正しい経理の指導と適正な経理処理を行っているかどうかの確認のために、頻繁に職員が調査に訪れる可能性が高いので、普段から信頼性の高い経理処理をしておく必要があります

 

しかし、規模の大きい企業であれば、専門知識を持つ経理の担当者が所属していることもありますが、ほとんどの会社では事務職などがほかの業務とともに経理処理をしていることが多いため、十分納得できるような説明をできる担当者はいませんし、そもそもの日常の経理が正確ではない可能性もあります。

 

そのため、税務調査に強い税理士に相談したり、普段から経理関係の書類をチェックしてもらうことができるのが理想的ですが、自力で税務調査に強いおすすめ税理士を探そうと思っても、なかなか見つけられるものではありません

 

注意・おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

おすすめ税理士は、税務調査を含め税務関係に関するエキスパートですので、確定申告や相続税の申告、会社の設立、決算処理など様々な分野において対応してもらえます。

 

しかし、専門家といっても得意分野があり、税務署に勤務していて有資格者として開業した場合などは税務調査に関する対策を立てることが得意ですし、司法書士や不動産鑑定士など様々な専門家と連携をして、相続税の節税を得意としている事務所もあります。

 

また、規模の大きい企業の顧問をする場合には、法人化した大規模な事務所公認会計士などが対応することが多く、こういった事務所では個人事業主の経理はあまりかかわらないこともあります。

 

このように、税務調査対応の専門家選びで悩んでいる場合には、無料で希望にかなった専門家を紹介してもらえる、税理士エージェントを利用してみることをおすすめします

 

こちらは匿名でも土日の相談でも受け付けており、具体的にどのような関係で相談や依頼をしたいかを聞き取ります。

 

そして、その条件に見合った税務調査に強いおすすめ税理士を紹介してくれますが、登録している専門家はすべて、エージェントが実際に書類や面談などで信頼できると判断した相手ばかりですので、利用者からの満足度も高いです

 

相談だけで終了することも、途中でほかの専門家に変更してもらうことも可能ですので、まずは一度エージェントに相談してみてはいかがでしょうか

 

備考>おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税務調査への対策には税理士エージェントで税理士を紹介してもらい相談した方が良い理由

税務調査対応

企業を経営している人にとって、ある日突然行われる税務調査ほど緊張するものはありません。

 

税務調査とは、企業の税務申告にミスや偽りがないかを調査し、もし不備が見つかれば追加課税罰則などを課すこともあります。

 

このため、いつ調査官が税務調査に来ても良いように普段からしっかりとした税務管理を行っておく必要があります

 

税務調査でチェックされる項目は多岐にわたりますが、よく見られるのが売上計上時期がずれていたり計上漏れがないか、交際費は適切に処理されているか、在庫品の計上漏れはないかといった項目です。

 

これらは直接企業の利益にも繋がる項目で、もし隠れた利益があればそれを含めた正当な税金を払う必要があるため、税務調査の際に重点的にチェックされるポイントです。

 

また、人件費についても注意が必要です。こういった項目は、例え故意や悪意が無くても漏れやミスが多発する部分です。

 

もし税務調査で不正があったとみなされれば社会的な信用にも関わりますし、多額の追徴課税を課されれば経営計画にも乱れが生じてしまいます。

 

このような事態を防ぐためには、普段からきちんと税務調査に強いおすすめ税理士に依頼して、税務内容に間違いがないかを確認することが大切です

 

宣伝:おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税理士税務のエキスパートで、税務に関する素人ともいえる経営者や経理担当者を助ける役割を果たしてくれます。

 

中でも税理士エージェントというサイトでは有能なおすすめ税理士を無料で紹介しており、おすすめ税理士探しで苦労している経営者にとって非常に役立ちます。

 

もし前回の税務調査で指摘事項が多く、追加での税金を多く支払っているような会社や業績が良い会社などは、特に調査対象となりやすい特徴があります。

 

前回の税務調査での指摘事項が適切に正されているか、また同じミス偽りをしていないかという点は健全な税務処理を行う上で非常に重要になります

 

また、業績の良い会社はそれだけ利益も多く、税金が漏れている可能性やそれを徴収できる可能性も高いと言えます。

 

このため、特にこのような事項に該当する会社は税務調査が入る確率も上がると言え、税務調査に対して事前の対策が必要となるのです。

 

もし前回の税務調査に引き続き今回も追加で課税されるようなことになれば、事業の取引先や監督機関などから良い印象を持たれず、今後の活動にも影響を与えかねません

 

また、税務調査を実施された企業のうち約70%何らかの指摘を受けるともいわれており、このようなことが無いようしっかりした知識と能力を持ったおすすめ税理士を雇用し、税務のチェックを行ってもらうようにしましょう

 

参考:おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

個人事業主でも税理士に依頼した方が良い理由

税務調査対応

個人事業主がおすすめ税理士に依頼をするとなるとそれだけ余計なお金がかかってしまいますから、

 

少しでも経費を節約するために自ら確定申告をしようとする人は多いものです。

 

おすすめ税理士に報酬を支払うだけの余裕が無いというのであれば、頼みたくても頼むことができませんがある程度報酬を支払うだけの余裕が有るのであれば、税理士に依頼をした方がいいといえます。

 

その理由としては確定申告の書類を作成するというのは、事業内容にもよりますが手間がかかるものでありそれだけ本業に差し支えが出てきてしまいます。

 

どこからどこまでが経費になるのかということも、素人が考えなければなりませんから税金関係のことで余計な時間をとられてしまうことになるのです。

 

その分本業に打ち込んでいれば、更に利益が増えていたのに経理業務に時間をとられすぎて稼げたはずの利益を、失ってしまうということもあります。

 

しかし、そこでおすすめ税理士に依頼をして報酬以上に本業に力を入れるだけの余裕ができれば得だといえますし、仮に稼いだ分がそっくりそのまま税理士の報酬になってしまったとしても、その分は経費とすることができますから余計な経理業務を簡略化することが出来ることを考えれば手間賃としても高いものではありません

 

個人事業主は何から何まで自ら行わなければなりませんので、負担も大きなものとなりますが他に人に任せることができそれだけ仕事が楽になるのであれば、税理士に依頼をするのも悪いものではないのです。

 

口コミ(おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士)

 

国税局の税務調査とは?

国税局が行う税務調査とは、企業がしっかりとした財務・会計処理を行っているか、また適切な申告に基づいて納税を行っているかを調査する行為です。一般的な企業であれば5年から10年の間に少なくとも一度は調査があると考えた方が良いでしょう。

 

通常は国税局あるいは管轄の税務署から調査を行いたい旨が、電話あるいはハガキなどで通知されます。指定された日が都合が悪い場合には変更も可能ですが、あまり延期すると悪い印象を与えかねません。

 

ただし、繁忙期が重なったり企業の都合で延期せざるを得ない正当な理由がある場合には、しっかりと説明して国税局に了解を得ることが重要です

 

また、税務調査の連絡があった後は、すぐに顧問税理士または会計士連絡することが大切です。調査に当たっての注意点や質問に対する返答方法、さらに調査当日に用意しておく書類一式等、さまざまなアドバイス指示を仰ぐことが出来ます。

 

おすすめ税理士等は税務調査当日は立ち会うのが一般的ですので、その日までに綿密な打ち合わせをしておくことが重要です。

 

税務調査の対象は各企業によったさまざまですが、基本的には伝票のチェックや煩雑になりやすい消費税所得税の処理および法人税計算に関する損金・益金の処理の適正度が調査される可能性が高いといえます。

 

特に伝票チェックでは、現金出納の金額と実際の金庫などの手許し高が一致しているかを最初に調査される傾向が強く、ここでつまずくとその後の項目のチェックが厳しくなります

 

PR☆おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税務調査に強い税理士とは?

税務調査対応

税務調査が取引についての説明をするだけで、すんなり終われば問題がないのですが、現実的には調査官に予期しないことを説明するように要求されて、

 

その事について、どんなに説明をしても納得してくれなくて悩んでしまうことが、よく起こってしまいます。

 

税務調査が進められていくと明らかになる問題点について調査官に説明していくことになる訳ですが調査官の主張に丸め込まれてしまう結果になります。

 

こうなってしまうのは議論の方法に問題があるからです。
経営者が正しいと考えていることをどんなに主張しても、調査官の方でも正しいと考えていることを主張するため通じあうことがなくなってしまいます

 

お互い話が平行線をたどったまま最終的に経営者が折れて、議論を終結させるために調査官が主張する金額を払う場合が少なくありません

 

税務調査の際に調査官との議論に対抗するには自分が正しいと考えることを主張するだけでなく、調査官が誤認している事や理解していない事を指摘して、論理の根拠が間違っている点を指摘する必要があります

 

自分の正しさを証明しながら相手の主張の根拠となる部分の矛盾している事や不備がある事まで明るみにすることは、とても困難です。

 

そのため経営者は本業に専念して、調査官との議論は税務調査に強いおすすめ税理士に任せるのが良い方法です。税理士は公正な立場から納税の義務を適正に行うことが使命になります。

 

おすすめ:おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

一方で、調査官も納税の義務を適正に行うことが使命となるため、調査官と税理士は敵対するような関係ではなく、それどころか同じ方向性を持っていて、同じ目標を目指しているということになります。

 

そのため、税務調査においては、明るみとなった問題に対して事実関係を法律に照らし合わせて分析したり、解釈したりすることによって、納税の義務を適正に行うことができるように、合意に達するころができるはずです。

 

調査官と税理士がそれぞれの立場から、議論を展開することはあるのですが、どちらが正しいかという主張をぶつけ合う方法とは違う方法解決を図ることが正しい税務調査の方法で、これができるのが税務調査に強い税理士ということになります

 

ところが、現実にはなかなか合意に至らないからこそ、経営者の方は調査官と議論を戦わせていることになります。

 

どちらにしても、経営者が主張したいことについて議論を展開させるには法律に基づいた理論が必要となるため、法律についての知識を得る必要があります

 

評判*おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税務調査は個人事業主にも来るの?

税務調査対応

税務調査と聞くと法人ばかりが入られるイメージを持っている人もいることでしょうが、個人事業主にも当然やってきます

 

ただし、その確率というのは非常に低く調査の実施率としては1パーセント程度であるため、普通にしていればまず入られないというレベルになります。

 

また、個人事業主でなく一般の勤め人であっても副業などをしていてその収入を申告していなかった場合、調査に入られるということはあるので確率が低いからと不正をしても安心ということにはならないので注意が必要です

 

しかし、特別何か不正をしているというわけでもなければ、個人事業主に税務調査が入るという可能性は低く、また多少の不正をしていたとしても金額によって見過ごされる可能性が高いといえます。

 

税務署も人員と時間を割いて税務調査を行うわけですから、それに見合う税収が得られないと判断をするとどうしても不正をしている可能性が高い相手が見つかったとしても、それは後回しになってしまうものです。

 

逆に明らかな不正をしていると睨んだ場合には徹底的に裏とりが行われ、証拠が固まったところで調査に入られることもあるので不正をしていれば税務調査に入られる可能性は高くなるといえます。

 

結論から言えば個人事業主であっても税務調査に入られることはありますが、その可能性というのは極めて低いものとなっています

 

ただし、不正をしていればこの限りではなく金額が大きければ大きいほど、税務調査に入られる可能性は高くなるといえるでしょう。

 

リンク=おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税務調査が個人事業主に来る確率は?

 

税務調査が入る確率は、国税庁が公表している実調率によると、法人で5%弱個人事業で1%弱となっています。この数値からすると、個人事業主が税務調査の対象となるのは、一生に1回あるかないかということになります。

 

とはいえ、税務署は個人事業主の税務調査対象平等に選んでいるわけでも、ランダムに選んでいるわけでもありません。税務署側の費用対効果を考えれば、個人事業主の中でも、売上規模が大きい方が、調査対象になりやすいといえます。

 

また、税務署は確定申告書の内容、金融機関からの情報などから納税者の所得税額資産などを分析しています。

 

したがって、申告所得が少ないにもかかわらず、不動産を購入したり、金融資産が大きく増加したりすると、税務署は「事業所得以外に何らかの収入があるのではないか」と疑いをもつわけです。

 

一般的に都心では売上1,000万円以上、地方では売上500万円以上が、個人事業であっても税務調査が入る対象となるといわれています

 

しかし、最近では単に売上規模だけではなく、富裕層に税務調査が入りやすい傾向があるようです。先に挙げたように、事業所得と保有資産のアンバランスな状態が続くと、税務調査の確率が高まるといえるでしょう。

 

平成28年から導入されたマイナンバー制度により、今後はさらに所得や保有資産を把握されやすくなります。

 

節税は知恵ですが、脱税は犯罪です。真面目に真摯な姿勢で事業に取り組むことが、ビジネスを成功に導くと考えた方が良さそうです。

 

重要!おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士

 

税務調査の対象になるのは?

税務調査対応

税務調査とは、納税者である会社や個人事業主が税務署等へ税金を申告する際、その申告が正しく行われているかを調査するものです。

 

税務調査には、強制捜査任意調査の二つがあり、それぞれ国税局査察部と税務署が行っています。

 

強制捜査とは、いわゆるマルサのことで、大口で悪質な事案を扱います。その対象となるのは、脱税等の犯則嫌疑がかかっている納税者です。

 

事前に行われた内定調査等をもとに、裁判官から捜索令状、差押許可状等の令状が出た場合、強制捜査の対象となります。それに対し、一般的に行われるのが任意捜査です。

 

対象となるのは、前回の税務調査または設立日から3年以上が経過している会社が多いですが、その頻度は会社によって異なります。

 

しかし以下のような場合、3年以上経過していなくても調査が行われることがあります。
まずは、申告において異常計数が目立つ会社です。売上が増加しているのに利益や所得が減少している、また例年に比べ多額の経費計上がある等の異常計数が目立つ会社は、対象となる可能性が高いです。

 

次に、過去の調査において脱税行為を行っていた、もしくは調査対象となっていた会社です。是正状況についての確認を行うとともに、脱税行為を繰り返していないか調査します。

 

以上のような申告による異常計数もなく、過去に全く問題のなかった企業は、通常は税務調査の対象から外れます

 

しかし、前回の調査から5年以上経過していて、ある程度の利益や所得がある企業では、定期的な調査として対象となる場合があります

 

注目です!おすすめ!税務調査対応!おすすめ税理士